CAD 事務 求人

CADの求人は事務がメインのお仕事です

デスクワークがメインの事務の仕事は人気がありますが、CADオペレーターは更にクリエイティブな要素も加わります。更にスキルを身につければ、幅広い求人から探すことが可能です。ここではこの仕事で活躍できる場所に加え、仕事内容について紹介します。この仕事をする際には、ソフトを使いこなすだけでなく、コミュニケーションスキルも不可欠です。また資格取得は仕事選びに有利となりますが、その内容には様々なものがあります。その内容は特定のソフトに特化したものや建築に焦点を置いたもの、専門のオペレーターでなくとも設計やデザインに関わる人にも向いているものなど様々です。このオペレーターになる場合には資格取得も一つの方法ですが、幅広い資格がある中でどれを選ぶかもポイントとなります。

CADを使用した求人の内容とは

CADのオペレーターはパソコン上で設計や製図を行うため、デスクワークがメインの事務の仕事です。このため家屋やビルなどの建築関係で良く用いられますが、これ以外にも電子部品や家具、家電や服飾など様々なメーカーでも活躍できるようになっています。その仕事は設計師やデザイナーの図面をもとに目に見える形に修正や調整、作製するという内容です。このことからソフトのオペレーティングのスキルに加え、設計士やデザイナーの意図や要望を汲み取るコミュニケーションスキルも必要となります。求人はマンションや工場、病院から防波堤、道路など幅広い土木や建築関係が多数です。資格には建築系に特化したものを始め、オペレーター以外にも適しているものや特定のソフトに特化した資格など様々なものがあります。

資格にはどのようなものがあるのか

これを用いた仕事はデスクワークメインの事務となりますが、この仕事に就くためにはある程度の知識やスキルが必要です。これを身に付けるためにはスクールに通うなどがありますが、資格取得も方法の一つとなります。これに関連する資格は基本的なものから建築に特化したもの、特定のソフトに特化したものなど様々です。これらのうち2次元CAD利用技術者試験は、システムの概要や製図などの基礎知識にまつわるもので、実際のオペレーション事務に関わる人だけでなく営業や販売などそれに準じる職業の人にも向いています。一方で建築に特化したものでは、与えられた建築図面を正しくトレースできるかを始め、建築図面を作成や自身で適切な判断をしてトレースを行うなどが試験内容です。資格取得はアピールポイントの一つですが、その企業が求める資格を選ぶことも必要となります。